Ring / 指輪

結婚式で婚約指輪はつけていい?特別な式典をより華やかに

婚約の証となる婚約指輪を長く身につけていたい方も多いのではないでしょうか?

婚約指輪を、結婚指輪を受け取る結婚式まで身につける指輪だと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、結婚式では婚約指輪を使用する「エンゲージカバーセレモニー」のイベントがあります。

今回は、「エンゲージカバーセレモニー」や婚約指輪を重ね付けするポイントなどをご紹介するので、ぜひ一生の思い出になる華やかなセレモニーの参考にしてみてください。

1. そもそも婚約指輪と結婚指輪とは

婚約指輪と結婚指輪では、つけ始めるタイミングや指輪に込められる意味が違います。

婚約指輪は、結婚の約束のための証として、また結婚への決意を表すものとして、プロポーズのタイミングでパートナーへ贈られることが多い指輪です。受け取った側は婚約の期間に贈られた指輪を身につけます。

婚約指輪はダイヤモンドが留められた華やかなデザインのものが主流です。ダイヤモンドには「永遠の絆」や「不変」といった石言葉があり、そこから「永遠の絆を誓う」意志を込めて婚約指輪に選ばれるようになったとされています。

一方、結婚指輪はパートナー同士がお互いに身につけ、結婚の証となる指輪です。結婚式で指輪交換をして晴れて夫婦となり、それ以降、日常的に身につける方が多くいらっしゃいます。ふとした時にお互いの存在を感じられるアイテムでもあり、生活の邪魔にならないようシンプルなものが好まれる傾向にあります。

婚約指輪と結婚指輪の違いについては以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

2. 婚約指輪は結婚式でつけてもいい?

婚約指輪を結婚式当日にも身につけていていいか悩む方もいらっしゃるかもしれませんが、結婚式で婚約指輪をつけても問題ありません。結婚式は華やかなイベントなので、特に最近では婚約指輪をつけて結婚式に臨む人が多くなってきました。

ただし、婚約指輪を結婚式で身につける場合は少し注意が必要です。
挙式の際は婚約指輪を右手の薬指につけることをおすすめします。指輪交換の儀式を行う際に左手に婚約指輪があると、指輪交換の邪魔になってしますため、あらかじめ右手につけておくとよいでしょう。挙式中は右手の薬指につけ、披露宴からは結婚指輪と重ね付けすると、雰囲気が変わり一層華やかな結婚式になります。

また、知人の結婚式に招かれた際に婚約指輪を身につけるのもOKです。結婚式はドレスなどの華やかな装いをすることが多いので、華やかな婚約指輪が良く似合います。お祝いの場にふさわしい彩りを与えてくれるジュエリーとして輝きを放ってくれるでしょう。

3. 結婚式の婚約指輪を使った演出、エンゲージカバーセレモニー

最近注目を集めている「エンゲージカバーセレモニー」。婚約指輪にまつわるこのセレモニーについてご紹介します。

3.1. エンゲージカバーセレモニーとは

エンゲージカバーセレモニーとは、新郎新婦の指輪交換の後にあらためて新郎から婚約指輪を贈り、新郎が新婦の結婚指輪の上に婚約指輪を重ね付けする儀式です。結婚の約束となった婚約指輪を送ることで、さらに特別な結婚式となるでしょう。

しかし、挙式の種類によってエンゲージカバーセレモニーができない場合があります。厳格なキリスト教や神前での挙式の場合、エンゲージカバーセレモニーを取り入れることができない可能性があります。
一方、参列者が証人となる人前式なら自由にプランニングできるので組み込みやすいでしょう。結婚式場によっては披露宴の最中にエンゲージカバーセレモニーをおすすめしてくれるところもあるようです。
事前にエンゲージカバーセレモニーが行えるか確認しておくと安心です。

エンゲージカバーセレモニーを取り入れる際は、セレモニーについて知らない参列者の方もいらっしゃるかもしれないので、式場にお願いして司会の方に説明を入れてもらうと式に参加している方全員が楽しめるセレモニーとなるでしょう。

3.2. 婚約指輪と結婚指輪の重ね付けのポイント

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする際は、先に結婚指輪をつけてから婚約指輪を重ねます。指の根元側が結婚指輪、指先側が婚約指輪の順番です。この順番は、幸せな結婚を婚約指輪でロックする意味が込められています。

また、婚約指輪を結婚指輪と重ね付けする際には意識すべきポイントがいくつかあります。

  1. 指輪の素材や色
    指輪を選ぶ時点から重ね付けを意識し素材や色を揃えておくと統一感が出ます。一方、あえて結婚指輪と婚約指輪をプラチナとゴールドなど違う素材を組み合わせることで自分らしさを表現することもできます。ご自身に合った組み合わせをじっくり考えてみましょう。

  2. 指輪の形状
    指輪には、一直線のものや軽くウェーブを描いたもの、指を長くみせてくれるV字のものなどさまざまな形状があります。婚約指輪と結婚指輪の重ね付けを考えているなら、両方の指輪の形状を統一することをおすすめします。婚約指輪が違うデザインだと、身につけたときに指輪同士が当たって傷がつくかのうせいがあります。

  3. デザインテイスト
    重ね付けをする際には前もってデザインの組み合わせを考慮しておくことも大切です。
    結婚・婚約指輪どちらも華やかなデザインを選んで、手元を輝かせたり、シンプルな結婚指輪と華やかな婚約指輪で組み合わせ、日常用と華やかなイベント用に使い分けるなど、組み合わせは自由です。
    前もって組み合わせを考えることで、自分たちに合ったブライダルリングを選ぶことができます。

婚約指輪・結婚指輪の重ね付けについては以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

4. 婚約指輪を外しておいた方がいいシチュエーション

婚約指輪は基本的にいつ身につけても問題ありませんが、弔事の際は婚約指輪を外していた方がよいでしょう。お通夜やお葬式の際、光り物はNGです。シンプルな結婚指輪なら弔事でもつけていて目立ちませんが、ダイヤモンドが付いている指輪は外しておくのが一般的です。

また、着物を着る際は指輪やピアスなどのアクセサリーはNGとされています。しかし、結婚式に着物で出席する際は結婚指輪も婚約指輪もつけて問題ないとされています。

婚約指輪をつけるタイミングやマナーについて詳しくはこちらで解説しています。

5. まとめ

ダイヤモンドが付いた華やかな婚約指輪は結婚式などの晴れの舞台であなたに美しい輝きを与えてくれるアイテムです。

エンゲージカバーセレモニーを結婚式の演出に取り入れれば一層思い出深い結婚式となるでしょう。

おすすめ記事

KEYWORD

NIESSING
ENGAGEMENT
RINGS

婚約指輪

→ すべての婚約指輪を見る

NIESSING
WEDDING
RINGS

結婚指輪

→ すべての結婚指輪を見る

ご来店予約

事前にご予約をいただけるとお待たせすることなくスムーズにご案内させていただきます。

WEBでご来店予約

予約する

オンラインで相談する

コンシェルジュに相談する