Ring / 指輪

結婚指輪いつまでに買うべき?|オーダーメイドリングの最適な準備期間とは

結婚指輪を購入するタイミングは、結婚式などで指輪が必要になる時期を踏まえて考える必要があります。

今回は、結婚指輪を購入する際のおすすめの時期や注文方法、オーダーと既製品によって異なる納期の違いなどについて紹介します。また、結婚指輪をつけ始める時期なども併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 結婚指輪は式の6か月前に購入するのがおすすめ

結婚指輪を買うタイミングとしておすすめなのは、結婚式などで指輪が必要になる場面の6ヵ月前です。「結婚指輪を買いに行く時期としては早過ぎる」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかく気に入ったデザインの指輪があるのに出来上がるまでに時間がかかり、必要な時期に間に合わなかったらあまりに残念です。

また、結婚式の準備は式の2~3ヵ月前から本格化するため、指輪を選びに行くスケジュールが立てられなくなるケースもあり得ます。結婚式の前の両家顔合わせの時には結婚指輪を準備しておきたいという方もいらっしゃるかもしれません。それらを考慮すれば、必要な場面の6ヵ月前に用意しておくことは決して早過ぎるタイミングではありません。

2. 結婚指輪の注文・購入時期

結婚指輪の納期は、ゼロからデザインをするオーダーメイドか既製品かによって異なります。ここでは、種類別の注文方法や手元に届くまでの期間についてご紹介します。

2.1. オーダーメイドリングの場合

オーダーメイドリングにはフルオーダーとセミオーダーの2種類があります。どちらも希望するデザインを指輪にすることができますが、その違いをご紹介します。

2.1.1 フルオーダー

フルオーダーの結婚指輪はゼロからデザインを考えられる完全オリジナルで、自分が理想とする指輪を作ることが可能です。ショップのデザイナーと相談しながら素材やデザインを細かく打ち合わせしていきます。そのため、具体的なイメージを作っておかないとデザインを決めるまでに時間がかかってしまいます。

デザイン決定後も、型を作るなど一点ものならではの工程があります。ブランドによって差はありますが、注文から手元に届くまで3~6ヵ月程度かかる場合があります。

2.1.2. セミオーダー

セミオーダーの指輪は、あらかじめ決まったデザインをもとに自分なりのアレンジを加えてオリジナリティーを出すことができます。素材や石、装飾などを自分好みにカスタマイズできますが、ベースとなるデザインがあるため、フルオーダーより手軽にオリジナルの指輪が作れます。注文から1~3ヵ月程度で手元に届きます。

2.2. 既製品の結婚指輪の場合

既製品の結婚指輪はブランドごとにさまざまなデザインがあるため、サイズが合えばその場で購入して持ち帰ることもできます。ただし、既製品でも、指輪の裏側に刻印を入れたりサイズがなかったりする場合は加工や取り寄せの時間がかかります。確実に手元に届くまでには1ヵ月程度は待つ場合があるので注意しましょう。

〈ニーシング〉の指輪は基本的に受注生産で、注文から約4~7週間でお手元に届くようにお作りしています。また、「ニーシング・シュパンリング®」シリーズの製作には通常約6~8週間、年末年始やGW、夏季期間中を挟む場合はさらにもう少し時間がかかる場合もあります。一点ずつ職人の手によって作り出される最高品質の指輪をお届けしていますので、ぜひ時間に余裕をもってご相談ください。

3. 結婚指輪購入までの流れ

結婚指輪を買いに行く際は、ショップでの購入までの流れを知っておけば、店頭で長い時間迷ってしまうようなことはないでしょう。ここでは、結婚指輪を購入する流れについてご紹介します。

3.1. 来店・試着・注文・支払い

ショップでの実際の流れについて解説します。

  • 来店
    どのようなブランドやデザインにするかを情報収集したうえで来店予約をし、ショップに向かいましょう。来店予約をしておけば待ち時間もなく、スムーズに相談することができます。

  • 試着
    気になっているデザインがあれば迷わず試着しましょう。試着はサイズ感だけではなく、着け心地や手に合うデザインか、指輪の太さは気にならないかなども含めてしっかり確認してください。一生身につけたいと思える結婚指輪と出会えるよう、遠慮せずに試してみましょう。

  • 注文
    気に入ったデザインの結婚指輪が見つかったら、刻印など細かい装飾を決めて注文しましょう。

  • 支払い
    注文を終えたら最後は支払いです。ショップによって対応できる支払方法が異なりますので、できれば事前に確認しておきましょう。ショップや商品によってはローンを組むことも可能です。

3.2. 購入時の注意点

結婚指輪は一生ものですので、アフターサポートなどのサービスなどをしっかりと確認しておくことが重要です。傷ができて仕上げ直しをしたい場合や、体形の変化によりサイズ直しをしたい場合、購入したショップで対応ができるのかを確認しておきましょう。無償で対応できる期間の確認も大切です。保証書などは無くさないようにしっかり管理しておきましょう。

4. 結婚指輪の着用開始時期

4.1. 結婚式から

結婚式を挙げるカップルの場合、挙式中に指輪交換をしたタイミングから身につけ始めることが多いようです。夫婦にとって特別な日である結婚式で、ゲストに見守られながら指輪をお互いの結婚のしるしとして身につけ、新しいスタートを切ることができます。

4.2. 入籍日から

戸籍上夫婦となる入籍日から結婚指輪を身につけ始めるカップルも多くいます。

4.3. 購入日から

こだわって指輪を選んだ場合や結婚指輪に憧れがある場合は「手元に届いたらすぐにつけ始めたい」ときっと思うことでしょう。実際、結婚指輪が手元に届いてすぐ身につけ始めるカップルも一定数います。

5. 結婚指輪の選び方

既製品でもオーダーでも、数ある選択肢から一生身につける結婚指輪を選ぶのは大変なことです。そのため、結婚指輪を選ぶ際は、予算や素材、デザインなど、カップルで条件をすり合わせながら、後悔のないように話し合って決めることが大切です。最近はWebサイトやSNSなどでも情報収集がしやすいため、しっかりリサーチしておきましょう。

もし婚約指輪の購入も検討中の場合は、下記の記事にて婚約指輪の選び方もぜひチェックしてみてください。

6. まとめ

結婚指輪の購入時期を迷っている方は、結婚式などの必要なタイミングに間に合うよう、約6ヵ月前から準備を進めておくことをおすすめします。先延ばしにするとデザインや製作期間などの都合で必要なタイミングに間に合わなくなる場合があるため、時間に余裕をもって購入しましょう。

また、結婚指輪はフルオーダー、セミオーダー、既製品と注文スタイルが異なるため、どのような指輪が欲しいのか、しっかり情報収集して話し合って決めることが重要です。カップルの新たな門出にふさわしい結婚指輪を身につけるためにも、しっかり準備期間を設けましょう。

おすすめ記事

KEYWORD

#ウェディングリング #エンゲージカバーセレモニー #エンゲージリング #サイズ直し #ブライダルリング #プロポーズ #マリッジリング #婚約指輪 #婚約指輪 カラット #婚約指輪 サイズ #婚約指輪 サプライズ #婚約指輪 タイミング #婚約指輪 ダイヤモンド #婚約指輪 デザイン #婚約指輪 マナー #婚約指輪 一緒に 選ぶ #婚約指輪 意味 由来 #婚約指輪 普段使い #婚約指輪 注意点 #婚約指輪 渡し方 #婚約指輪 結婚指輪 #婚約指輪 結婚指輪 ゴールド #婚約指輪 結婚指輪 兼用 #婚約指輪 結婚指輪 刻印 #婚約指輪 結婚指輪 指 意味 #婚約指輪 結婚指輪 違い #婚約指輪 結婚指輪 重ね付け #婚約指輪 職場 #婚約指輪 自分で 選ぶ #婚約指輪 選び方 #指輪 ピンクゴールド #結婚式 #結婚式 セレモニー #結婚式 婚約指輪 #結婚式 指輪交換 #結婚指輪 #結婚指輪 おしゃれ #結婚指輪 お店選び #結婚指輪 カラー #結婚指輪 サイズ #結婚指輪 ストレート #結婚指輪 ダイヤ付き #結婚指輪 デザイン #結婚指輪 ファッションリング 違い #結婚指輪 プラチナ #結婚指輪 ペア #結婚指輪 マナー #結婚指輪 ミル打ち #結婚指輪 メンテナンス #結婚指輪 保管方法 #結婚指輪 個性的 #結婚指輪 傷 #結婚指輪 幅 #結婚指輪 汚れ #結婚指輪 準備期間 #結婚指輪 着物 #結婚指輪 納期 #結婚指輪 素材 #結婚指輪 買い替え #結婚指輪 選び方 #結婚指輪 間に合わない #金属アレルギー #鍛造 #鍛造 指輪 #鍛造 鋳造 違い

NIESSING
ENGAGEMENT
RINGS

婚約指輪

→ すべての婚約指輪を見る

NIESSING
WEDDING
RINGS

結婚指輪

→ すべての結婚指輪を見る

ご来店予約

事前にご予約をいただけるとお待たせすることなくスムーズにご案内させていただきます。

WEBでご来店予約

予約する

オンラインで相談する

コンシェルジュに相談する