Ring / 指輪

ストレートの結婚指輪の魅力|ストレートの種類やポイント

結婚指輪の定番デザインであるストレートの指輪。シンプルで飽きがこないデザインで、シーンを選ばず着用できるため人気があります。ここでは、そんなストレートの結婚指輪の種類や魅力、他のリングとの比較ポイントをご紹介します。

ブライダルジュエリーを数多く手がける〈ニーシング〉で人気の結婚指輪もご紹介するので、ぜひご覧ください。

1. ストレートタイプの種類

ストレートタイプのリングは、大きく分けて「オーバルストレート」と「スクエアストレート」があります。オーバルとは楕円形を意味し、リングのエッジが丸みを帯びています。一方、スクエアタイプはリングのエッジに角があり、全体的にシャープな印象があるのが特徴です。

より具体的にそれぞれのタイプの特徴について説明します。

1.1. オーバルストレート

NIESSING IRIS

オーバルストレートのリングは、エッジに角がないやわらかな丸みを帯びたフォルムをしています。フォーマルさとやさしい印象を兼ね備えた結婚指輪らしいデザインで、どのようなシーンにおいても身につけやすい特徴があります。

結婚指輪のデザインをカスタマイズできる〈ニーシング〉の「WEDDING RING SYSTEM(ウェディング リング システム)」では、一人ひとりの好みに合わせたデザインが選べるよう、オーバルストレートのデザインをさらに細分化してご提案しています。

  • オーバル
    もっともボリュームのあるデザイン。厚みがあるので着用時にメリハリを感じさせることができます。また、エッジがないため重厚感があり、なめらかな着け心地が特徴です。
  • ソフトクラシック、クラシック
    リングの厚みが抑えられたデザイン。身につけた時に隣の指との当たりが気になりにくい形状です。

  • ナベット
    エッジがありすっきりした印象がありつつ、見た目には丸みを感じるデザインです。

自分にぴったりのリングオーダーにこだわりたい方は、ぜひ〈ニーシング〉の「ウェディング リング システム」をチェックしてみてください。

1.2. スクエアストレート

NIESSING SATELLITE ORBIT

スクエアストレートは、リングのエッジに角がある形状です。オーバルタイプよりもシャープなデザインなので、クールな印象があるユニセックスなデザインのリングがお好みな方におすすめです。

そして〈ニーシング〉の「ウェディング リング システム」では、一般的なエッジのある形状のスクエアストレートのほか、エッジ部分がなめらかにカーブした「ソフトキューブ」と呼ばれるタイプもお選びいただけます。

2. ストレートタイプの魅力

ストレートタイプの結婚指輪は「王道のデザイン」と呼ばれるだけあって、魅力的なポイントがたくさんあります。第一に、どのようなシーンでも身につけやすく、服装を選ばない点がポイントです。これまでジュエリーを身につけてこなかった方でも抵抗なく身につけられるでしょう。スーツなどのビジネススタイルはもちろん、カジュアルな装いにも馴染むため、結婚指輪を肌身離さず身につけていたい方におすすめのデザインです。見た目の印象はシンプルでスッキリしているため他のリングとの重ね付けもしやすく、ダイヤモンドなどの宝石が映えるのもうれしいポイントです。

その他デザインについては、こちらで詳しくご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

3. 結婚指輪を比較するときの注目ポイント

NIESSING WEDDING RING SYSTEM

結婚指輪には多くの種類があるため、購入する際にどれを選べば良いか悩んでしまうことは珍しくありません。そこで、ここでは自分にぴったりのリングを選ぶための注目ポイントをご紹介します。

3.1. 結婚指輪の素材

結婚指輪を選ぶ際は、まず色味や輝きなどの素材を考えましょう。ストレートタイプのリングは地金の面積が広く、十分に美しさが感じられるデザインですので、素材の魅力がしっかりと表現された指輪が多くなっています。

結婚指輪の多くにはプラチナやゴールドが使用されています。理由は金属自体の価値や耐久性、そして日々のお手入れのしやすさにあります。シルバーはすぐに黒ずんでしまう性質があるため、普段使いするのであればプラチナやゴールドを選ぶと良いでしょう。

しかし、結婚指輪は必ずプラチナかゴールドでなければならないというわけではありません。お2人が選んだリングであれば他の素材でも問題ありませんので、お互いが納得できるお気に入りのリングを選んでください。

また、素材選びの際に気をつけたいのが金属アレルギーです。リングに配合されている割金には、金属アレルギーを引き起こす原因となる素材が含まれている可能性があります。どの素材でアレルギー反応が起こるかは人それぞれなので、気になる方は皮膚科などで検査を受けましょう。金属アレルギーをお持ちの方は割金の素材を確認し、チタン等アレルギーの心配がないものを選ぶと安心です。

3.2. 結婚指輪の幅・厚み

結婚指輪は幅や厚みによって見た目の印象が大きく変わります。特にリング幅は、同じストレートタイプでもかなり印象が異なりますので、自分の理想に合ったリング幅をぜひ知っておきましょう。各リング幅の印象やチェックポイントについてまとめました。

  • 2.0mm
    華奢な印象で、手元に自然になじむ幅です。着用時のストレスが少なく、指輪をつけ慣れていない方にもおすすめ。細身なため耐久性はあまり高くはありません。手に強い力がかかる作業をする時などは、変形を防ぐために外しておきましょう。

  • 2.5mm
    華奢な印象がありながら耐久性でも安心できる、指が細い人には人気なリング幅です。

  • 3.0mm
    安定感のあるつけ心地で耐久性が高い幅です。日常生活でも安心して身につけることができます。

  • 3.5mm
    スタイリッシュでややカジュアルさも感じさせる幅です。リングの重さが感じられ、しっかりとした着用感があります。

  • 4.5mm
    重厚感と存在感があります。贅沢に地金を使用しているぶんゴージャスな印象があります。

リング幅についてさらに詳しく知りたい方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

3.3. 結婚指輪の形状

先ほどご紹介した通り、ストレートタイプのリングにも、エッジが丸みを帯びているオーバルタイプやシャープな印象のスクエアタイプなどの違いがあります。形状によってもリングの印象は変わってくるため、ぜひ比較してみましょう。

オーバルタイプのリングは指当たりの良いデザインで、肌身離さず身につけたい方にもおすすめの形状。昔から定番の形状で、まさに結婚指輪というべき王道のデザインです。

スクエアタイプのリングはシャープな印象があります。幅や厚みの違いでファッション性を高めることもできるので、よりクールでおしゃれな結婚指輪が欲しい方におすすめです。

3.4. 結婚指輪の仕上げ

結婚指輪の仕上げ方法は「光沢仕上げ」と「マット仕上げ」の2つに大きく分けられます。「光沢仕上げ」は指輪の表面に光が反射し、鏡のように周りを映す状態に仕上がります。ジュエリーブランドによっては「鏡面仕上げ」や「グロス仕上げ」とも呼ばれます。地金素材そのものの輝きや美しさを楽しめるのが魅力で、プラチナやゴールドの光沢仕上げは手元をより華やかな印象にします。

一方、「マット仕上げ」は指輪の表面に加工を施し光沢感を消す仕上げ方法です。落ち着きのある印象で、リングがより立体的な雰囲気になります。また、小さなキズがついても目立ちにくいため、結婚指輪としての扱いやすさがあります。肌身離さずリングを身につけていたい方には、キズがついていてもわかりにくいマット仕上げがおすすめです。

〈ニーシング〉の「ウェディング リング システム」では、結婚指輪の仕上げについてもこだわりを反映できます。「表面仕上げ」の項目では、クオリティの高い光沢仕上げやビロードのような艶消し仕上げなど、お好みの質感を選択することができます。光沢仕上げは鏡のように輝き、ネイチャー、サテンなどのマット仕上げはリングの形を強調する印象となります。

4. NIESSINGのストレートタイプをご紹介

〈ニーシング〉では豊富な種類の結婚指輪をご用意しています。今回はその中でもストレートタイプのリングのおすすめをご紹介します。

「NIESSING HEART(ニーシング・ハート)」は、リング断面がハート型になっているリング。2人の愛を象徴するシンボルとしておすすめのリングです。

NIESSING HEART

「NIESSING FUSION COLOR( ニーシング・フュージョン カラー)」は、2つの素材を組み合わせたデザインが特徴のリングです。プラチナやゴールドなどお好みのカラーを選び「ふたつでひとつ」のデザインが楽しめます。

NIESSING FUSION COLOR

〈ニーシング〉の「ウェディング リング システム」では、「形状」「幅」「素材とカラー」「表面仕上げ」「ダイヤモンドセッティング」「刻印」の6つのステップでお2人にぴったりの結婚指輪がオーダーできます。より自分達らしい結婚指輪をお探しの場合は、ぜひこちらをチェックしてみてください。

5. 着け心地のチェックも忘れずに

結婚指輪は将来にわたって長くご愛用いただくものですので、着け心地も大切です。着け心地を左右する要素には、リングの厚み、形状、内側の形状、重さなどが挙げられます。

リングの厚みはありすぎると手元に違和感があり、薄すぎると耐久性が心配になるため、程よい厚さを選びましょう。また、リングの形状は着け心地を大きく左右します。全体の形状だけでなくリングの内側もチェックし、指あたりを確かめておきましょう。幅がしっかりあり地金を贅沢に使用したリングは重く感じる場合もあります。リングが重いと手元への負担になるため、重さもチェックすることをおすすめします。

これらのポイントを確かめるためにも、お気に入りのリングが見つかったらまず試着し、着け心地を確かめてみましょう。

6. 大切なパートナーとの指輪はこだわって選びましょう

今回はストレートタイプの結婚指輪についてご紹介しました。

ストレートタイプには、オーバルタイプとスクエアタイプがありますが、形状やリング幅などによって印象は大きく異なります。大切なパートナーとの結婚指輪だからこそ、しっかりこだわって長く愛用できる指輪を選びたいもの。デザインや素材に妥協せず、〈ニーシング〉の「ウェディング リング システム」のご活用も考えながら、ぜひあなた好みのリングを探してください。

おすすめ記事

KEYWORD

#ウェディングリング #エンゲージカバーセレモニー #エンゲージリング #サイズ直し #ブライダルリング #プロポーズ #マリッジリング #婚約指輪 #婚約指輪 カラット #婚約指輪 サイズ #婚約指輪 サプライズ #婚約指輪 タイミング #婚約指輪 ダイヤモンド #婚約指輪 デザイン #婚約指輪 マナー #婚約指輪 一緒に 選ぶ #婚約指輪 意味 由来 #婚約指輪 普段使い #婚約指輪 注意点 #婚約指輪 渡し方 #婚約指輪 結婚指輪 #婚約指輪 結婚指輪 ゴールド #婚約指輪 結婚指輪 兼用 #婚約指輪 結婚指輪 刻印 #婚約指輪 結婚指輪 指 意味 #婚約指輪 結婚指輪 違い #婚約指輪 結婚指輪 重ね付け #婚約指輪 職場 #婚約指輪 自分で 選ぶ #婚約指輪 選び方 #指輪 ピンクゴールド #結婚式 #結婚式 セレモニー #結婚式 婚約指輪 #結婚式 指輪交換 #結婚指輪 #結婚指輪 おしゃれ #結婚指輪 おすすめ #結婚指輪 お店選び #結婚指輪 カラー #結婚指輪 サイズ #結婚指輪 ストレート #結婚指輪 ダイヤ付き #結婚指輪 デザイン #結婚指輪 ファッションリング 違い #結婚指輪 プラチナ #結婚指輪 ペア #結婚指輪 マナー #結婚指輪 ミル打ち #結婚指輪 メンテナンス #結婚指輪 保管方法 #結婚指輪 個性的 #結婚指輪 傷 #結婚指輪 幅 #結婚指輪 汚れ #結婚指輪 準備期間 #結婚指輪 着物 #結婚指輪 納期 #結婚指輪 素材 #結婚指輪 買い替え #結婚指輪 選び方 #結婚指輪 間に合わない #金属アレルギー #鍛造 #鍛造 指輪 #鍛造 鋳造 違い

NIESSING
ENGAGEMENT
RINGS

婚約指輪

→ すべての婚約指輪を見る

NIESSING
WEDDING
RINGS

結婚指輪

→ すべての結婚指輪を見る

ご来店予約

事前にご予約をいただけるとお待たせすることなくスムーズにご案内させていただきます。

WEBでご来店予約

予約する

オンラインで相談する

コンシェルジュに相談する