Ring / 指輪

婚約指輪はいつつける?ずっと身につけておきたい愛の誓い

婚約指輪は受け取った当日から着けることができます。婚約指輪を身につける際は周囲への配慮やマナーを踏まえておく必要がありますし不注意によって婚約指輪を傷つけてしまう可能性もあります。

そこで今回は、婚約指輪をつけるタイミングやシチュエーションごとのマナー、そして〈ニーシング〉のコレクションをもとに日常的に身につけやすいデザインなどをご紹介します。

婚約指輪を永く愛用するために、ぜひ参考にしてください。

1. 婚約指輪をつけるタイミング

婚約指輪には、結婚前と結婚式の当日、そしてその後の新生活と、身につけるタイミングごとに知っておきたいポイントがあります。それぞれのタイミングについて説明します。

1.1. 結婚前

婚約指輪は、基本的に受け取った日からずっと身につけていても構いません。婚約したことを周囲に知らせるため、婚約期間中は日常的に婚約指輪を身につける方もいます。そして何より、婚約した喜びをパートナーに伝えることができます。

1.2. 結婚式

婚約指輪を自身の結婚式で身につけることはマナー違反ではありませんので、結婚式で手元に華やかさを加えるアイテムとしても活躍します。

ただし、指輪の交換セレモニーでは左手の薬指は何もつけていない状態にしておく必要があるため、婚約指輪は右手の薬指にしておくとよいでしょう。

また、指輪の交換後に結婚指輪と重ね付けするのもおすすめです。結婚指輪と婚約指輪を重ね付けすると華やかさが増し、豪華なウエディングドレスに良く映えます。

1.3. 結婚後

結婚式後は、特別なシーンを華やかにするジュエリーとして婚約指輪は活躍します。パートナーとの記念日や友人の結婚式、パーティーなど、特別な日やフォーマルな場を華やかに演出することができます。基本的に身につけるタイミングは自由なので、ご自身がつけたいシーンに合わせてコーディネートしてみましょう。

2. シチュエーションごとのマナー

婚約指輪を身につける際に、気をつけておきたいのがシチュエーションごとのマナーです。

婚約指輪はとても華やかなジュエリーのため、周囲の目を引きます。そのため、相応しくないシチュエーションで婚約指輪を身につけてしまうと無作法だと思われてしまう可能性があります。

そういった印象を周囲に与えないよう、シチュエーションごとに注意したいポイントを踏まえておく必要があります。

2.1.日常生活

婚約指輪は華やかで大きなジュエリーが付いていることが多いので、小さなお子さまと遊ぶ際には、不注意で怪我をさせないよう、指輪は外しておきましょう。また、重たい荷物を運ぶ際も安全面を考慮して外しておいた方が無難です。

また、スポーツをする際も、衝撃によってリングが傷ついたり宝石が外れてしまう可能性があるため、外しておくことをおすすめします。

2.2.職場

職務の服飾規定に記載がない限り、婚約指輪を職場につけて行っても問題はありません。
職務規定に記載されていることが多い仕事は接客を伴うサービス等です。髪色やアクセサリーについて服装規定を設けているところが多く、指輪は結婚指輪のみOKというケースなどもあります。

また、職務規定がない場合でも、華美な婚約指輪を身につけると職場によっては周囲から浮いてしまう可能性があります。
自分の職場に服装規定などのルールがあるかをチェックしたうえで、職場の環境や周囲の雰囲気によって判断することをおすすめします。

2.3.お相手の実家

パートナーの実家を訪問する際は、2人の良好な関係を示すために、なるべく婚約指輪をつけて訪問した方が良いでしょう。

ただし、お相手の実家で婚約指輪を着用するのは、両親から結婚の承諾が得られていることが前提です。承諾を得る前に婚約指輪をしていると、両親の許可なく勝手に結婚の話を進めているようなマイナスの印象を与えかねません。パートナーからすでに指輪を受け取っていたとしても、結婚の承諾をいただくまではお相手の両親の前では指輪を外しておくことをおすすめします。

2.4.パーティー等のフォーマルな場

パーティー等のフォーマルな場は婚約指輪を身につける絶好の機会です。

婚約指輪は、特別なシーンに華やかさをプラスするジュエリーとして活躍します。ドレスや着物などの華やかな衣装とともに、婚約指輪が手元に特別感を演出してくれます。

ただし、開催時間によっては注意が必要です。いわゆる昼の時間帯に開催されるパーティー等では派手なアクセサリーはマナー違反になる場合があります。パーティーのドレスコードを確認し、その場に見合わないと思ったら、婚約指輪はつけずに参加しましょう。

2.5.弔事

お葬式や法事などの弔辞の場では婚約指輪は身につけないようにしましょう。お悔やみごとの場には華やかなアクセサリーは相応しくありません。結婚指輪のみで参列しましょう。洋装時にアクセサリーを身につけるなら、真珠やジェットなど控えめな宝石のネックレスやイヤリングが無難です。

3. つけやすい婚約指輪の選び方

シチュエーションごとのマナーがあることはわかっていても、「大切な指輪だから肌身離さず身につけたい」と考える方もいらっしゃるかと思います。その場合は、日常的につけやすいデザインの婚約指輪がおすすめです。

ここでは、〈ニーシング〉の婚約指輪のコレクションを参考に、日常でもつけやすい婚約指輪の選び方をご紹介します。

3.1.TPOを重視する

日常的に身につけるなら、さまざまな場所につけていきやすいデザインを選びましょう。派手すぎずシンプルで地肌に馴染むような色味の婚約指輪であれば、違和感なく日常的に身につけられるでしょう。

〈ニーシング〉のTAPEREDは、柔らかな印象の美しいフォルムで日常生活のシーンにもナチュラルに馴染みます。地金も、プラチナに加え豊富なカラーバリエーションのゴールドを展開しており、お好みのカラーがお選びいただけます。

3.2.動きやすさを重視する

次に押さえておきたいポイントは、指輪を身につけた際の動きやすさです。手先を多く使う職業の方や小さなお子さまと接する機会が多い方は、凹凸が少なく大きな宝石が付いていないようなデザインなら日常生活でも身につけやすいでしょう。

〈ニーシング〉のANTARESはスレンダーなアーム部分が特徴的で、シャープな印象のリングです。嵩張ることなく、凹凸も少ないため日常的に身につけやすいデザインとなっています。

4. 長年愛用できる鍛造の婚約指輪

婚約指輪は婚約期間中から身につけるため、結婚指輪よりも長くつけることになる指輪です。
長い間、着用するためには指輪の耐久性についても考慮しておきましょう。
指輪の耐久性は素材や製造工程によって決まり、製造方法は鋳造と鍛造の大きく2つに分けられます。

鋳造は、指輪の型を先に作り、その型に金属を流し込む製造方法です。金属素材の無駄を減らすと同時に大量に生産することができます。しかし、金属の密度がそれほど高くないため、日常生活で起こる衝撃などが理由で、歪みが発生することもあります。

一方、〈ニーシング〉が採用している鍛造製法は、叩いて加工することで金属が鍛えられ、強度の高い指輪を作ることができます。

〈ニーシング〉ではこの鍛造製法にこだわり、一人一人のお客さまに合ったオリジナルの婚約指輪をご提案しています。〈ニーシング〉の鍛造製法について、詳しくはこちらをご覧ください。

5. 婚約指輪のお手入れ方法

最後に、指輪のお手入れ方法について知っておきましょう。自宅でも簡単にできるお手入れ方法と〈ニーシング〉のアフターサービスについてご紹介します。

5.1.自宅で簡単にお手入れする

日常的に指輪を身につけていると、婚約指輪のデザインによっては隙間や凹凸に汚れが入ることがあります。長くつけ続けるために日ごろからお手入れを行うことをおすすめします。

  1. 乾いた布やクロスでホコリなどの汚れを拭き取ります。
  2. 台所用洗剤などの中性洗剤をぬるま湯で薄め、指や柔らかいブラシを使ってやさしく擦るように磨きます。
  3. 最後によく水で洗い流し、乾いた布やクロスで拭き上げると完成です。

婚約指輪のお手入れは乾いたクロスで汚れを拭き、台所洗剤などの中性洗剤を使用することで傷付けることなくお手入れすることができます。指輪の表面の油分や汚れが落ち、指輪本来の輝きを取り戻すことができるでしょう。

5.2.アフターサービスを利用する

自宅でのお手入れが難しい場合やご自身でのお手入れが面倒だと感じる方は、購入したブランドアフターサービスを利用しましょう。ブライダルジュエリーを取り扱っているブランドであれば、アフターサービスを設けているところが多くあります。大切な婚約指輪を永く愛用するためにも、選んだ婚約指輪がどのようなアフターサービスを受けられるか、購入時にチェックしておくことをおすすめします。

〈ニーシング〉では、購入から1年以内なら無償で仕上げ直しが可能です。また、無償期間後も有償でアフターサービスが受けられるので、安心して永く婚約指輪をご愛用いただけます。

6. まとめ

婚約指輪は、結婚前、結婚式の当日、そしてその後の新生活と身につけることができるタイミングがイメージ以上にあります。しかし一方では、シチュエーションごとに守りたいマナーもあります。

肌身離さず婚約指輪を身につけたい方は、このようなタイミングやマナーを押さえた上で、日常的に身につけやすいデザインを選びましょう。

今回ご紹介した〈ニーシング〉の婚約指輪は、特に日常的に身につけやすく耐久性にも優れたおすすめのデザインです。婚約指輪をずっと身につけたい方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

末永くご愛用いただける運命のリングに出会えることを願っています。

おすすめ記事

KEYWORD

NIESSING
ENGAGEMENT
RINGS

婚約指輪

→ すべての婚約指輪を見る

NIESSING
WEDDING
RINGS

結婚指輪

→ すべての結婚指輪を見る

ご来店予約

事前にご予約をいただけるとお待たせすることなくスムーズにご案内させていただきます。

WEBでご来店予約

予約する

オンラインで相談する

コンシェルジュに相談する