Ring / 指輪

普段使いに適した婚約指輪のポイント | 婚約指輪をつける際の注意点

パートナーとの将来を誓う婚約指輪。特別なアイテムですが、普段使いのリングとしても身につけたい方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、ブライダルジュエリーを数多く取り扱う〈ニーシング〉の指輪をもとに、普段使いに適した婚約指輪のデザインや素材などのポイントを詳しくご紹介します。これから婚約指輪を選ぶ方や婚約指輪を普段使いしたい方はぜひ参考にしてください。

1. 婚約指輪は普段使いしてもよい?

婚約期間中に身につけることが一般的な婚約指輪ですが、普段使いしても問題はありません。婚約指輪はパートナーとの将来を誓う特別な意味が込められたリングであり、身につけると手元が華やかになりますので、おしゃれのアクセントとしてコーディネートするのもおすすめです。

しかし、婚約指輪を普段使いする場合はいくつか気をつけておきたいポイントがあります。婚約指輪はプラチナやゴールドなどの輝く地金にダイヤモンドなどのきらめく宝石がセッティングされているデザインが多いため、とても存在感があります。一方、その華やかさゆえ、着用を控えたいシーンやマナーもあります。詳しくは後ほど解説します。

2. 普段使いに向いている婚約指輪のデザインとは

普段使いとして婚約指輪を着用したい場合は、デザイン選びが大切です。普段使いに向いているのはカジュアルなシーンでもフォーマルなシーンでも着用しやすい「シンプルなデザイン」です。また、つけ心地や安全性の観点から、「引っ掛かりにくいデザイン」を選ぶことも重要です。婚約指輪の定番デザインといえば、リングのセンター部分に一粒ダイヤがセッティングされている「ソリティア」タイプ。ダイヤが目立つ華やかな印象が魅力ですが、リングの爪や石座などに高さがありすぎると衣類などに引っ掛かりやすいため、注意が必要です。

〈ニーシング〉では、独自のダイヤモンドセッティング技術により、爪や石座を使用しないデザインのリングを取り扱っています。

NIESSING SPANNRING® ROUND

〈ニーシング〉を代表する「NIESSING SPANNRING® ROUND(ニーシング・シュパンリング® ラウンド)」は、ダイヤモンドの美しさはそのままに、ダイヤの部分に高さがないモダンなデザイン。引っ掛かりの心配がなく、婚約指輪を普段使いしたい方にもおすすめです。

このように、婚約指輪を普段使いするなら、デザインだけではなく使いやすさも考慮することが大切です。つけ心地や安全性を考慮するならば、角がなく指通りがなめらかなリングを選ぶと良いでしょう。

婚約指輪と結婚指輪との重ね付けに憧れている方も多いかと思います。その場合は、リングの組み合わせを考えてみましょう。

NIESSING MEMORY

たとえば、〈ニーシング〉の「NIESSING MEMORY(ニーシング・メモリー)」は、リング全周にダイヤモンドが入った、重ね付けしやすいデザインです。フルエタニティやハーフエタニティなどお選びいただくことが可能です。また、オーダーの際にダイヤモンド5pcsから指定することができ、記念日ごとに1pc~足すことで大切な人との思いを毎年確認していくことができます。

ダイヤモンドとリングの間に高さの差がないため、衣服に引っかかる可能性も低く普段使いとしてもおすすめ。結婚指輪と重ね付けをしたい方は、ぜひこのようなデザインの婚約指輪もご検討ください。

3. 普段使いに向いている婚約指輪の素材とは

婚約指輪は、素材によっても普段使いに向いているものとそうでないものがあります。普段の生活でリングを着用していると、気をつけていても多少はキズがついてしまいますし、素材によっては石鹸などが原因で変色する可能性もあります。そのため、婚約指輪を普段使いする際には、変色しにくく、ある程度のダメージでも傷がつかない耐久性のある素材を選ぶと良いでしょう。

婚約指輪に使われる耐久性の高い素材は下記の通りです。

  • プラチナ(Pt950,Pt900)
  • ゴールド(K18)

まずおすすめしたいのは、定番のプラチナ素材です。婚約指輪といえば日本ではプラチナを選ぶ方が多くいます。プラチナはピュアな白い輝きがあります。また素材としては柔らかく、細工がしやすいという特徴があります。耐久性を重視するなら、純度が高い「Pt999」よりも他の金属を配合して強度を高めた「Pt950」や「Pt900」がおすすめです。「Pt950」や「Pt900」のプラチナであれば、普段使いしても変形しにくくキズもつきにくいでしょう。

〈ニーシング〉の婚約指輪は「Pt950」を採用しており、普段使いに耐えられる耐久性を持ち合わせています。

次におすすめしたい素材はゴールド(K18)です。ゴールドには24Kや22K、14Kなど、さまざまな素材があります。この数値は金と他の金属の配合率を意味しています。普段使いするリングには充分な強度を誇る18Kがおすすめです。

また、耐久性を上げるためには、素材だけでなく製造方法も重要です。〈ニーシング〉では鍛造製法にこだわり、金属の密度が高く耐久性に優れたジュエリーを製作しています。

このように、婚約指輪を普段使いするなら、日常生活で起こり得る衝撃やダメージにも応じられる確かな耐久性を持つリングを選びましょう。

4. 婚約指輪をつけていきやすい場面

婚約指輪は華やかに着飾っても違和感のない場面に適しています。婚約指輪をぜひ身につけたい場面についてご紹介します。

4.1. 記念日やデート

パートナーと過ごす記念日やデートは、婚約指輪をつけるのにぴったりな場面です。婚約指輪を身につけることでいつもと違う特別感を演出でき、ふたりの絆を再確認する良い機会になるでしょう。指輪を贈った側も、パートナーが婚約指輪を身につけた姿を見ることで「結婚後も婚約指輪を大切にしてくれている」と喜びを感じてくれるはずです。

4.2. 友人の結婚式

友人の結婚式で婚約指輪を着用すると、ドレスアップに華やかさを加えるアクセントとなります。このような場合は結婚指輪との重ね付けコーディネートもおすすめです。特別なパーティーだからこそ手元に華やかさをプラスして、友人の結婚式を彩りましょう。

5.婚約指輪をつけるべきではない場面とは

きらびやかな婚約指輪は人目を引くため、行事や活動シーンによっては着用を控えたほうが無難な場合もあります。指輪を素敵に身につけるためにも、しっかり確認しておきましょう。

5.1. 弔事の際は着用を控えた方が良い

婚約指輪は、お葬式など弔事の際には着用を控えたほうが良いとされています。弔事は喪に服すための場所であり、光物の貴金属を着用することがマナー違反になるためです。シンプルな地金だけのものや、輝きが控えめなパール、ジェット、オニキスなどのジュエリーであれば、弔事でも身につけて良いとされています。ダイヤがついている指輪しかない場合は、リングを回転させてダイヤがセッティングされている部分を手の内側にして目立たせないようにしましょう。

5.2. 職場によっては着用を控えた方が良い

職場で婚約指輪を着用することについて社会的なルールはありませんが、業種や職種によっては着用できない場合もありますし、社内規則で禁止されている場合もあります。服装が自由な職場であっても華やかな婚約指輪はとても目立ちます。気になる方は勤務先の規則をチェックしてみましょう。

職場での婚約指輪の着用についてさらに詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

5.3. その他に着用を控えた方が良い場面

婚約指輪は強い力が加わると変形してしまうことがあります。そのため、身につけたままスポーツや力作業をするのは避けましょう。特にテニスやゴルフなど、手に道具を持ってプレーするスポーツはリングに負荷がかかりやすいため外しておいたほうが無難です。

指輪の地金部分だけでなく宝石の取り扱いにも注意が必要です。婚約指輪によく使用されるダイヤモンドは高い硬度を持つ一方、スポーツによる強い衝撃を受けたり、他のリングとぶつかったりすると結晶構造に従って割れる場合があります。

また、小さなお子さまと触れ合う時にも、思わぬケガや病気のリスクがあるのでリングは外しておくことをおすすめします。指輪はきれいに見えても雑菌が付着している場合があります。小さなお子さまは免疫力が低く、少しの雑菌から病気に感染することも考えられます。

婚約指輪を着用したままの入浴も控えたほうが良いでしょう。プラチナやゴールドといった婚約指輪の地金素材には、加工しやすくするための「割金」としてパラジウムや銅が含まれています。割金は入浴剤やシャンプーに含まれる成分によって変色する可能性があります。海水や、仕事などで特殊な液に触れる時にも、婚約指輪は外しておきましょう。

6.普段使いできる婚約指輪を知りたいときは

普段使いできる婚約指輪を選びたい場合は、今回ご紹介した内容を参考に、デザイン・素材・仕上げ方法・製造方法などを比べてみましょう。ご自身のライフスタイルをもとに比較検討すると、普段使いにぴったりで永くご愛用いただける婚約指輪を選ぶことができます。

婚約指輪の選び方についてさらに詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。
婚約指輪(エンゲージリング)の選び方 大切なデザインやサイズ

また〈ニーシング〉は、東京・名古屋・大阪に直営店、その他全国の有名百貨店やブライダル専門店で取り扱っています。〈ニーシング〉のリングを手に取ってご覧になりたい方は、お近くのショップをご利用ください。

おすすめ記事

KEYWORD

#ウェディングリング #エンゲージカバーセレモニー #エンゲージリング #サイズ直し #ブライダルリング #プロポーズ #マリッジリング #婚約指輪 #婚約指輪 カラット #婚約指輪 サイズ #婚約指輪 サプライズ #婚約指輪 タイミング #婚約指輪 ダイヤモンド #婚約指輪 デザイン #婚約指輪 マナー #婚約指輪 一緒に 選ぶ #婚約指輪 意味 由来 #婚約指輪 普段使い #婚約指輪 注意点 #婚約指輪 渡し方 #婚約指輪 結婚指輪 #婚約指輪 結婚指輪 ゴールド #婚約指輪 結婚指輪 兼用 #婚約指輪 結婚指輪 刻印 #婚約指輪 結婚指輪 指 意味 #婚約指輪 結婚指輪 違い #婚約指輪 結婚指輪 重ね付け #婚約指輪 職場 #婚約指輪 自分で 選ぶ #婚約指輪 選び方 #指輪 ピンクゴールド #結婚式 #結婚式 セレモニー #結婚式 婚約指輪 #結婚式 指輪交換 #結婚指輪 #結婚指輪 おしゃれ #結婚指輪 お店選び #結婚指輪 カラー #結婚指輪 サイズ #結婚指輪 ストレート #結婚指輪 ダイヤ付き #結婚指輪 デザイン #結婚指輪 ファッションリング 違い #結婚指輪 プラチナ #結婚指輪 ペア #結婚指輪 マナー #結婚指輪 ミル打ち #結婚指輪 メンテナンス #結婚指輪 保管方法 #結婚指輪 個性的 #結婚指輪 傷 #結婚指輪 幅 #結婚指輪 汚れ #結婚指輪 準備期間 #結婚指輪 着物 #結婚指輪 納期 #結婚指輪 素材 #結婚指輪 買い替え #結婚指輪 選び方 #結婚指輪 間に合わない #金属アレルギー #鍛造 #鍛造 指輪 #鍛造 鋳造 違い

NIESSING
ENGAGEMENT
RINGS

婚約指輪

→ すべての婚約指輪を見る

NIESSING
WEDDING
RINGS

結婚指輪

→ すべての結婚指輪を見る

ご来店予約

事前にご予約をいただけるとお待たせすることなくスムーズにご案内させていただきます。

WEBでご来店予約

予約する

オンラインで相談する

コンシェルジュに相談する