News

お知らせ

※このイベントは終了しました

「プラチナ・アート – ニーシングと3人のアーティスト」展
中山英之(建築家)/ 名和晃平(彫刻家)/ 濱田英明(写真家)

会期: 2015年12月16日(水)〜25日(金)
会場: 伊勢丹新宿店4F ジュエリー&ウォッチ
 

アーティストによるギャラリー・ツアー:
2015年12月19日(土)13:00- / 14:00-
中山英之氏・濱田英明氏ご本人による作品解説をお楽しみください。

ドイツのモダンジュエラー NIESSINGは、伊勢丹新宿店4Fにて、プラチナをテーマに、3人のアーティストの展示を開催いたします。
貴金属の中で最も希少と言われ、かつ耐久性にも優れるプラチナ。今では誰もが認めるプラチナの高い価値と魅力をいちはやく見出したのが、ドイツのモダンジュエラーNIESSINGです。ニーシングは140年の長い歴史の中で培われた独自の冶金術と卓越したモダンデザインの力でプラチナの素材としての可能性を様々に実現し、ジュエリーの世界に新たな地平を切り開いてきました。
本展は、ニーシングが3名の日本人アーティストと共に、プラチナのさらなる可能性を建築、写真、彫刻の3種の表現で展開するものです。日頃ジュエリーに接することの少ない多くの人々に、プラチナのほんとうの魅力と価値、プラチナ・ジュエリーを日常的に愛でる喜びや身につける楽しさを伝えます。
会場は伊勢丹新宿店本館4階のジュエリー&ウォッチ。ショーケースが各アーティストの展示空間としてジュエリーを輝かせる舞台になります。
また、今回は日本初上陸の「ザ・ニーシングリング アリス・イン・ワンダーランド」を特別展示。
おとぎ話の「不思議の国のアリス」の世界はすべてのものがあべこべの世界・・・。この物語にインスピレーションをうけ、通常プラチナとダイヤモンドで作られているザ・ニーシングリングを、ダイヤモンドの部分をプラチナで、リングの部分を本物のロッククリスタルで作成いたしました。
そしてクリスマスギフトにもふさわしい、プラチナのモード感覚あふれる新作ファッションジュエリーの数々もご用意しています。
ニーシングとプラチナジュエリーの現在と未来を同時に体験できる空間をお楽しみください。
 

参加アーティスト

中山英之(なかやまひでゆき) 建築家

伊東豊雄建築設計事務所で「まつもと市民芸術館」「多摩美術大学図書館」等を担当後、独立。処女作「2004」でSD レビュー2004 鹿島賞と第23 回吉岡賞を立て続けに受賞して注目を集める。その後も「O邸」(2009)「Yビル」(2009)、「Y邸」(2012)など話題作を手がけ、現在も住宅を中心に数々のプロジェクトが進行中。著書に「中山英之/スケッチング」(新宿書房)など。
http://www.hideyukinakayama.com

Photo : Takashi Kato

展示タイトル:「Mining」
プラチナのジュエリーを「鉱物」として捉えることからインスタレーションがはじまります。3つのショーケースと2つのディスプレイにつらなる地形の上から大きな手が現れ、地中からニーシングの様々なジュエリーを「発掘」していくとともに、地形の上に建つ建築模型の内部や周囲に配されたリングがプラチナ・ジュエリーのスケールレスな魅力を表現します。

Photo : Takumi Ota

名和晃平(なわこうへい) 彫刻家

1975年大阪府生まれ。彫刻家、京都造形芸術大学大学院教授。 2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程(後期)彫刻専攻修了。2011年、東京都現代美術館で個展「シンセシス」開催。2013年の瀬戸内国際芸術祭、あいちトリエンナーレなど、数々の国際展にてサイトスペシフィックな彫刻作品を発表する。同年、韓国チョナン市に大規模な屋外彫刻 “Manifold” を設置。独自の「Cell」という概念を機軸にビーズ、プリズム、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。現在、自身がディレクターを務めるクリエイティブ・プラットフォーム「SANDWICH」において、アート、建築、デザインなど多岐に渡る活動を行う。2015年9月には自身初となるイギリスでの個展「FORCE」をPACE LONDONにて開催。
http://kohei-nawa.net

Photo : Nobutada OMOTE |SANDWICH

展示タイトル:「CELL/FORCE」
ジュエリーにおける「モダン」を体現しているブランド、ニーシング。ハンドクラフ トと最新技術の融合により生み出される革新的なジュエリーは、その抽象性と可変性 によって人々の想像力を掻き立てます。名和氏のインスタレーションは、モダンジュエリーと彫刻との新たなる融合を表現したもの。物質感のある多様な造形を舞台にジュエリーが展示されます。

Photo : Takumi Ota

濱田英明(はまだひであき) 写真家

1977年、兵庫県淡路島生まれ。大阪在住。2012年9月、35歳でデザイナーからフリーのフォトグラファーに転身。2012年12月、写真集『Haru and Mina』を台湾で出版。『KINFOLK』(アメリカ)、『FRAME』(オランダ)や『THE BIG ISSUE TAIWAN』(台湾)などの海外雑誌ほか、国内でも雑誌、広告など幅広く活動中。2014年10月写真集「ハルとミナ」(LibroArte刊)を出版。Instagramのフォロワーが18万人を超えるなど、最も現代的で、最も注目される写真家の一人である。
http://hamadahideaki.com

Photo : Takumi Ota

展示タイトル:「Family of NIESSING」
ニーシングのジュエリーの魅力は、その研ぎすまされた技術と、ファクトリーで働く人たちの家族のような親密さから生まれます。家族をテーマとする作品で世界的に高く評価されている濱田氏がドイツのニーシング本社を訪れ、フレーデンの街や、ニーシングの工房、そこで働く人々を自由に撮影した写真をご覧いただけます。

Photo : Hideaki Hamada

フェア期間特別展示品


Crystallite [クリスタライト]
薄い金属のシートが手で折り込まれリングやピアスに。
クリスタライトは幾何学の美しさからインスピレーションを得て制作されました。


Topia [トピア]
トピアはラテン語で、“風景”という意味。
広大で美しい大自然からインスピレーションを得て制作されました。クリアーですがすがしいプラチナのトピアは壮大な山脈を表現しています。

【伊勢丹新宿店】Platinum Art – NIESSING with 3 ARTISTS 12月16日(水)〜25日(金)

2015/12/11

…